地域医療に貢献する

かなさと内科医院

〒651-2124 神戸市西区伊川谷町潤和1436-5

午前9:00~12:00、午後4:00~7:00
休診日:木・土曜日の午後。日・祝日。

お気軽にお問合せください

078-978-0555

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群とは

睡眠時無呼吸症候群(sleep apnea syndrom : ASA)とは、睡眠中に無呼吸や低呼吸を起こす病気です。

夜間の睡眠が不十分なため日中の眠気が発生し、交通事故や労働災害の原因となることがあり、社会的な問題となっています。
また、睡眠中に酸欠状態となるため、身体に過度のストレスがかかり、高血圧や虚血性心疾患・脳血管障害の原因ともなります。

10秒無呼吸が停止する状態を無呼吸といい、無呼吸まで至らなくても呼吸による換気量が著しく低下している状態を低呼吸といいます。

眠中に1時間あたり無呼吸あるいは低呼吸が起こる回数を無呼吸・低呼吸指数(apnea hypopnea index : AHI)といい、携帯用睡眠時無呼吸検査装置を用いて自宅で測定することができます。
指数によって重症度が分類されます。
軽症:5以上~15未満 中等症:15以上~30未満 重症:30以上~

この検査は保険適用で3割負担ですと2160円です。(別に再診料がかかります。)
当診ではSASの検査・治療を行っています。

検査の流れ

症状・問診などから、睡眠時無呼吸症候群(SAS)が疑われた場合、まず、簡易検査を行います。自宅にて携帯用睡眠時無呼吸検査装置で酸素飽和度、脈拍、気流、いびきを測定します。
検査指示書をFAXで検査会社に送付後、3~4日でに宅配便で自宅に検査器一式が届きますので、手順所に従い検査装置をつけて一晩寝てもらいます。
検査後は箱に戻して着払いで検査会社に返送します。
検査済み機器到着後、約3日でレポートが作成されます。

 

 

 

治療

軽症の場合には、生活習慣の改善や原料により睡眠時の無呼吸が軽減することもあります。
気道閉塞の原因となる扁桃腺肥大や口蓋垂を手術する場合もあります。
歯科装具により、下顎を前方に引き出し気道狭窄を軽減する方法もあります。

CPAP療法

持続式陽圧呼吸療法(CPAP)は睡眠時に鼻マスクを介して、あらかじめ設定した圧力を加えた空気を送り込むことによって気道の閉塞を防ぎ、無呼吸・低呼吸をなくす治療です。

無呼吸・低呼吸指数(AHI)が20以上であればCPAPが保険診療適用となります。
但し、AHIが20以上40未満では、終夜睡眠ポリグラフィー検査が必要となります。この検査は簡易検査の項目に加え、脳波や筋電図・眼球の動きなどを測定するため、一泊の入院が必要です。当院の近くでは、明石市立市民病院の耳鼻咽喉科で受けることができます。

CPAPにかかる費用は、3割負担で毎月4380円です。(別に再診料がかかります。)

お問合せはこちら

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

078-978-0555

午前9:00~12:00、午後4:00~19:00
休診日:木・土曜日の午後。日・祝日。